転職を成功させるカギはタイミングですよ!

薬剤師転職のタイミング

薬剤師転職のタイミング

転職を検討しているものの、いつどのタイミングで転職に踏み切ればいいのかいまいちわからないという人も多いのではないでしょうか?確かに、転職のタイミングについて考えることは非常に大切です。タイミングを誤ってしまうと好条件の仕事を見逃してしまう可能性もありますよね。

特に悩んでいる人が多いのは、今の職場を辞めてから職探しを始めるのか、新しい仕事が見つかってから今の仕事を辞めるのかという点ではないでしょうか。これは、今の職場で働きながら転職先を探すことをおすすめします。この点、以下のサイトを参考にしてください。
薬剤師の転職相談の場と、活用の際の注意点

薬剤師として働ける職場は非常に多いのですが、好条件の仕事というのは応募が殺到してしまいます。「好条件の仕事を見つけたけどまだ今の職場をしばらく辞められそうにないし…」と考えて見送ってしまうと、なかなか良い職場に転職することができないんです。

ですが、今の職場をすぐに辞めることができない理由がある場合など、どうしてもすぐに転職活動を始めることができないと思ってしまいますよね。 ここで知っておいてほしいのが、職場によってはしばらくの間、入社を待ってくれる場合があるということです。

事情を説明し、すぐに転職することができないと伝えると、数か月間入社を待ってくれる企業もあります。 急募という形で募集されている求人情報はすぐにでも働ける人材を求めている可能性がありますが、それ以外の求人情報であれば相談をすることも可能だと思っていいでしょう。

また、ある程度蓄えがあり、すぐに仕事を探す必要がないという場合は今の職場を辞めてからゆっくり職探しをするのもいいでしょう。 薬剤師の資格を持っている場合、職場探しに苦労することはほとんどありません。 働きたいという連絡をし、翌日からすぐに働き始められるケースも多いんです。

しかし、すぐにでも働きたいと思って焦って職場探しをしてしまうと好条件の仕事を見つけることができない可能性もあるので、できるだけ余裕を持って転職ができるように心がけましょう。

「お薬手帳」を正しく使っていますか?

皆さんは「お薬手帳」を活用していますか?

「お薬手帳」は活用している患者が現在どういった薬を服用しているのか、今までにどのような薬と合わなかったのかなど薬に関する患者それぞれの大切な情報を記録していく手帳です。

薬剤師が業務をするうえで、その情報はとても大切なものなのですが、今一つ患者さんにその役割が正しく伝わっていないようです。

例えば、患者さんによって病院ごとに一冊ずつお薬手帳を持っている方がいます。お薬手帳はすべての病院の用法を一冊にまとめることでほかの病院から処方されている薬との飲み合わせ等を確認することが出来るので、一冊ずつ手帳を持ってしまっては本来の役割を果たすことが出来ません。

また、薬局からは手帳に貼るシールだけもらい、自宅に帰ってから自分で貼るという患者さんもいます。「自分自身が今飲んでいる薬を確認するためのものだから持ち歩く必要はない」と考えこのようにしている人も少なくないようですが、これはお薬手帳が医療従事者の情報交流のための大切な手帳ということがきちんと伝わっていないためでしょう。

このように、「お薬手帳」の本来の意味が患者さんにしっかりと伝わっていないために、その患者さんの薬物治療を100%サポートすることが難しくなってしまっています。 またTV番組でも「お薬手帳を持っていかなければ薬代を節約できる」というような間違った情報を流してしまっていることも、このような誤解を招いている事態を促進させているように感じます。

薬剤師は、今一度正しいお薬手帳の使い方を患者さんに伝えていくようにしましょう。 患者さんは、お薬手帳について気になることがあれば、積極的に薬剤師に質問してみましょう。

東日本大震災では病院も薬局も被害を受け、患者さんの治療データをすぐに復元することが難し状況に陥りました。そんな中でも、お薬手帳を正しく活用されていた方の薬物治療は、早期に再開することが出来ました。

昨今のわが国では、震災などの自然災害のニュースが後を絶ちません。一人一人の健康のためにも「お薬手帳」の使い方を見直してみませんか?

薬剤師としてのやりがい

世の中にたくさんの種類の仕事がある中で、薬剤師の魅力ややりがいはなんでしょうか。 専門知識を発揮した高度な医薬品を扱う人、新薬の開発に貢献する人。など活躍の幅は広がっています。 そんな中で多くの方は薬剤師さんを目にする場というのは、主に調剤薬局や病院やドラッグストアではないでしょうか。

白衣を着て動き回り、お薬手帳を基に患者様に分かりやすくお薬の諸注意を伝えてくれます。実際に薬剤師を志望する人の多くは、患者様に貢献したいと言う気持ちがきっかけで薬剤師になったと言う人も多く見られます。

今回は特にドラッグストアで働くやりがいについてお伝えいたします。 町のドラッグストアで働く薬剤師さんの多くは、勤務先のご近所に住んでいるという場合が多いのです。

その理由は、ドラッグストア勤務の場合、転勤といった引越しを要する移動がないということがあげられます。 これは、効率が良いという理由の1つです。仕事のやりがいと言う点においては、地域の方々の医療に貢献ができるというにやりがいを感じている場合があります。

病院で薬剤師として勤務をしていると、どうしても患者様の多さやカルテの膨大な量と報告書など事務的な仕事が多くなりがちで、患者様とふれあい医療を支えていると言う実感を感じられにくいということがあげられます。また、1人の薬剤師さんというよりは、病院の薬剤師さんというイメージしか患者様に残りません。

私が患者様からなくてはならない存在になりたいと思っている場合は、病院と言う大きな組織のなかにいるよりは、むしろ町の商品人数の調剤薬局などいつもそこにいけば同じ薬剤師さんがいて、私の症状をよく理解している方がいるという地域に密着した医療にやりがいを感じられるでしょう。

人それぞれ仕事のやりがいはことなりますが、ドラッグストアや調剤薬局にもそれぞれ必要とされている役割があります。 自分がどのように薬剤師のスキルを発揮しキャリアプランを立てていくのかしっかりと内部までみておき、働く人の声に耳を傾けることがこれから転職する人や新卒で働く人には大事なのではないでしょうか。イメージだけで決めるのはもったいないかもしれません。

↑ PAGE TOP